向井美音里のオフィシャルブログです
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
私なりの子育て論 Part4 「子どもが嘘をついた時」
「子どもが嘘をついた時」

誰でも多少の嘘ってついたことがあると思いますが、嘘をつくことについて心を少しでも痛めるか、全く平気か…子どもの頃から嘘について教えてあげなければ、平気で嘘をつく大人になってしまうかも…

何かについて知られたら怒られる…という恐怖心から子どもが嘘をつくことはよくあると思います。例えば物を壊したのに自分がやったのではないと嘘をつく…など…もちろん我が家でも娘や息子が子どもの頃、嘘をついたことがありました。

嘘をつくには子どもなりの理由があります。でも嘘をつくことは良くないことだということを教えてあげなければなりません。

嘘がわかった時に、理由も聞かず頭ごなしに怒るのではなく、どうして嘘をついたのか、子どもと向き合って話をしましょう。きっと次からは同じような状況では嘘をつくことはなくなります。

もし、許されない嘘をついた時…私はぶち切れます。というかぶち切れる演技をします(笑)
子どもはその様子にびっくりしますが、ここで自分がついた嘘の重大さを学びます。

メリハリをもって教えるというか注意する…時には嘘だとわかっても、どうして嘘をついたのか察することができる場合などは、それに触れず流した方がいい時もありますし、じっくり考えて判断して下さいね。

うちの子ども達は大人になりましたが、嘘はつきません(多分…笑)。例えば子どもが内緒にしている何かについて聞くと、そこまで言わなくてもいいのに…と思うくらい正直に話してくれます。

いつだったか知人に「お母さん怖い?」と聞かれて、息子が「自分が嘘をついた時はめちゃくちゃ怖いです。だから嘘はつけません。」と答えていて笑っちゃいました。

当たり前ですが、ぶち切れた時の印象の方が強いんですね…(笑)

今回は子どもが嘘をついた時の話をしましたが、他の何かで子どもを叱る時にも、頭ごなしに叱ってはダメです。ムカッとしても、まず落ち着いて理由を聞いてあげて下さい。

自分の思い込みで「あんたがやったんでしょ!」などと叱っては絶対にダメです。私も何度か頭ごなしに子どもを叱ったことがあって、失敗だったな…と反省しています。子ども達、ごめんなさい…

子ども達が大人になった時に、どういう親子関係になっているか…子ども達が小さな頃からのいろいろな接し方にかかっていると思います。親として気は抜けませんよ〜!

私も反省する点がたくさんありますが、自分の経験を皆さんにお伝えしたいなと思います。


♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪
      morca
♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪
| 20:14 | 私なりの子育て論 | comments(1) | - |
初めまして今日は(^0^)/
私も娘が小学生の頃、嘘には悩みましたよ。でも、子供と向き合うことが大事と思い、人を傷つける嘘はいけないと時間をかけて自分で理解できるようにもって行きました。それでも嘘はつきましたが。でも、高校生になった今は、物事を主体的に考えられる子供になりそれなりに理解してたんだと思います。心と心が通じ合えるかどうかで相手に伝わるかどうかだと思います。みどりさん、ひとりで子育て大変だったと思います。私も似たような感じです。でも、得たものありましたよ。
いろんな経験を積んで社会に役立てたいと思い、独学で保育士の資格とり、今は保育士として働いてます。みどりさん、お互い頑張りましょうp(^^)qまたコメント慕いです。暑い夏健康に気をつけて(^0^)/
| かよ | 2014/08/04 00:39 |